SMAP再結成可能性や時期を解散後のラジオ発言内容や黒幕から予想

2016年12月31日にてグループ解散を発表したSMAP。

2016年1月の解散騒動で見せた謎の会見以降、
メンバー間にくすぶり続けた火種がいよいよ爆発する形となりました。

自己防衛を図り、自分だけを贔屓(ひいき)し続けてくれた事務所に
何としてでも残ろうとした木村拓哉。

育ての親である飯島三智マネージャーへの忠誠の思いから
事務所独立を図ろうとしたメンバー4人。
(中居正広・稲垣吾郎・草薙剛・香取慎吾)

そんな対立の構図が鮮明になるなか
キムタクのハワイ旅行中にクーデターのような形で解散を決めたことは
どれだけ緊迫した状況だったのかを物語っています。

グループ自体は解散するものの個々のメンバーは事務所に残る。

そんな状況が何を意味するのか。
期待される再結成の可能性や時期はどうなのか。

解説してみたいと思います。

SMAP再結成の可能性

同じ事務所に残る以上、
再結成の可能性はゼロではない。

期待も含めたそんな声が世の中に出回っています。

芸能レポーターの井上耕造氏が以下のように指摘した通り、
来年2017年6月頃に何かが起こるという見方は正しいと思います。

「現在はメンバー全員がジャニーズ所属で年内で解散ということになり、 来年の9月まで事務所との契約は残っています。

その3カ月前までに意義申し立てをしなければ契約はまた延長されます。 来年6月までに異議申し立てをしなければ、SMAPは残る。

再結成の可能性がゼロかどうかについては、 みんな解散するときに再結成は考えていませんよね。

ただ、時間が経つと『また一緒にやってみないか?』というグループが多数あるのは事実です。もちろん再結成をしていないグループもある」

確かに井上氏の見方は間違っていない。
しかし、それは決して前向きな動きだとは限りません。

今回の問題が複雑なのは、本人同士の意向に加え
非常に多くの関係者の思惑が絡まり合っていることなのです。

隠された再結成シナリオ

実は解散発表にあたり、関係者の間では
今後の再結成について三つの想定シナリオが用意されていました。

①メンバー5人によるSMAP再結成

ほとぼりが冷めたところで現状のまま再結成を狙う案。

ジャニー喜多川社長を始め、多くの関係者が望んだシナリオではありましたが
この案はあまりに実現可能性が乏しいということで
最初から期待されていませんでした。

②メンバー4人によるSMAP再結成

ジャニーズ事務所として木村拓哉を除いたメンバー4人の使い方を模索するなか
4人が揃った仕事を増やしていく案。

いわゆる実質的SMAPの存続シナリオ。

しかし5人揃わなければSMAPではないという世間の反発を考えると
とても発表できる内容ではありませんでした。

この案もお蔵入りに近い形となりました。

③メンバー4人によるSMAP再結成
 (但し、事務所独立後)

メンバー4人が事務所を独立して活動を続ける案。

これには飯島三智元マネージャーが大反対したと言われています。

飯島三智元マネージャーは
バーニングプロダクションの周防郁雄社長との会談で
SMAPの今後について話を持ちかけたものの
全く相手にされなかったという経緯があったからです。

決して事務所独立を急ぐべきでなない。

飯島氏が反対したのにはそんな事情がありました。

黒幕の存在

今回の騒動に関わったとされる
多くの関係者とは次の通りです。

ジャニー喜多川社長

メリー喜多川副社長

ジュリー藤島景子氏

小杉理宇造氏

ジャニーズ事務所の上層部

飯島三智元マネージャー

バーニングプロダクションの周防郁雄社長

フジテレビの亀山千広社長

各テレビ局の上層部

各関係者が今回の騒動にどう関わったかは
また後々書いていきたいと思います。

解散発表後のラジオ番組発言内容に注目

SMAPメンバーがラジオ番組での発言には
是非注目したいところです。

稲垣吾郎

文化放送「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」(木曜・21時半)

木村拓哉

TOKYO FM「木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!」(金曜・23時)

中居正広

ニッポン放送「中居正広のSome girl’ SMAP」(土曜・23時)

草薙剛・ 香取慎吾

bayfm「SMAP POWER SPLASH」(日曜・21時半)

おそらく突っ込んだ内容にはならない可能性が高い。

逆に言えば、今回の一連の騒動が
単なるメンバーの不仲だけではないことを示唆しています。

そう考えれば、発言内容は必ず押さえておく価値があると思っています。

(続く)

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です