宝くじ2016高額当選者のその後&サマージャンボ発売日・当選番号696・697

lottery

夢を追い一攫千金を狙う人には大人気の宝くじ。

発売日には多くの人がこぞって宝くじ売り場に駆けつけ、
運営者は有名タレントを使って大々的に宣伝する。

季節イベントのようになっています。

最近では当たる買い方はあるのか、
当たる売り場はどこなのかとの話題も上がるほどの熱狂ぶり。

年間5回開催されるジャンボ宝くじに加え、
宝くじスクラッチやtotoBIGなども活況。

というわけで、宝くじに関する情報を紹介してみたいと思います。

宝くじの種類・税金

宝くじには、全国共通で発売される「全国自治宝くじ」と、
地域4ブロックで個別に発売される「ブロック宝くじ」の2種類があります。

ちなみに宝くじの当選金には税金がかからないので
そのまま懐に入ります。

ギャンブルとしての宝くじ

宝くじをギャンブルとして見た時に、割に合うものものなのか。

当選確率や還元率など統計学的に宝くじを見てみると、
きれいな夢だけでは済まされない不都合な現実が見えてきます。

還元率という指標。

投資した金額のうち還元される金額はどの程度か。
この指標でみると、恐ろしい事実に気づきます。

・カジノ :95%
・パチンコ:85%
・競馬  :75%
・宝くじ :45%

イメージだけに惑わされてカジノやパチンコが危ないギャンブルだと思ってしまいがちですが、 数字で見ると実は宝くじこそトンデモナイぼったくりビジネスだったのです。

でも人間の心理として、数百円・数千円損したとしても
数千万円・数億円当たる可能性があればそっちに賭けてしまうのです。

高額当選者だけに配られる秘密の小冊子

高額当選者だけに配られる秘密の小冊子があることをご存知でしょうか。

『その日から読む本 突然の幸福に戸惑わないために』

1,000万円以上の高額当せん者に対して無料で配布されている小冊子で、
みずほ銀行の支店で換金した際に行員から手渡されます。

ちなみに行員でも簡単に閲覧することはできず、
希望者に対しての配布なども行われていない「非売品」です。

(参考)2016年宝くじの発売日・発売期間・当選番号など

グリーンジャンボ宝くじ
ドリームジャンボ宝くじ
サマージャンボ宝くじ
オータムジャンボ宝くじ
年末ジャンボ宝くじ

サマージャンボ宝くじ
名称 「サマージャンボ宝くじ」
(市町村振興 第696回全国自治宝くじ)
発売期間 2016年(平成28年)7月6日 水曜日
~2016年(平成28年)7月29日 金曜日
発売予定額 690億円
発売元 全国都道府県
発売地域 全国
価格 1枚300円
抽せん日 2016年(平成28年)8月9日 火曜日
会場 NHK大阪ホール 〔アトラクション付き〕
サマージャンボミニ7000万
名称 「サマージャンボミニ7000万」
(市町村振興 第697回全国自治宝くじ)
発売期間 2016年(平成28年)7月6日 水曜日
~2016年(平成28年)7月29日 金曜日
発売予定額 360億円
発売元 全国都道府県
発売地域 全国
価格 1枚300円
抽せん日 2016年(平成28年)8月9日 火曜日
会場 NHK大阪ホール 〔アトラクション付き〕

適宜情報をアップしていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です