吉良奈津子ベビーシッター坂部深雪とホームレスの関係&第1話感想

kiranatsuko

出典:フジテレビHP

松嶋菜々子さん主演のフジテレビ木曜ドラマ「営業部長吉良奈津子」。

久々のドラマの主人公を演じる松嶋菜々子さんが
仕事と家庭のバランスをどう取るかで悪戦苦闘するこのドラマ。

第1話では伊藤歩さんが演じるベビーシッターの坂部深雪が
最後にホームレスに食事を与えた場面が大きな話題を呼んでいます。

一体あのシーンにどういう意味が隠されているのか。

調査していきたいと思います。

話題を呼んだシーンとは

第1話で話題を呼んだシーンは、
伊藤歩さんが演じるベビーシッターの坂部深雪がホームレスに食事を与えた時、
何やら意味深な表情を浮かべて月を見つめた場面のこと。

完成披露試写会及び舞台挨拶で
伊藤歩さんは今回の役について次のように語っています。

夏に降る深雪(しんせつ)。
私が演じる役の名前は深雪(みゆき)って言うのですが、
夏に降ることはない雪が積もったあとどうなるのか、
というところを見ていただけたら。

夏というのは奈津子のナツ2にもかけています

なかなか深いコメントですね。

おそらく今後の展開に大きな意味を持つシーンなのだと思います。

第1話の感想

(別途記載予定)

ホームレスが登場したあの場面は、
一体このドラマにおいて今後どんな意味を持つのでしょうか。

引き続き注目していきます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です